2016年11月11日

何とも言えないショックな出来事

こんばんは。

久々の投稿が、まさかの帰国してからになってしまった。
ただ今回は帰国についてがメインではない。
だいぶ暗い内容です。それでもいい方は読んでください。


今年の8月ころから日本語クラス4年生の子が1人、学校を休み続けていた。
CPに聞いたところ、具合が悪くて学校に来れないということだった。
ただ、CPがそれほど深刻にいってなかったのでそのうち帰ってくるだろうと思っていた。

ところが今日、その生徒が病気で亡くなったと聞いた。
未だに頭が混乱中でよくわからなく、人違いかなと思っていたが
自分がとったその生徒の写真がコメントで投稿されて確信した。

なぜ。。。

今年から日本語を取り始めた子で、お昼休み、放課後、土曜日に一緒に平仮名とカタカナを一生懸命勉強した。 だんだん言えるようになって、自信がついているのが目に見えて嬉しかった。

何故お見舞いにも行かなかったんだろう。どこかでいつか元気になると思っていたと思う。
最後に話せたのはいつだ。

せめてお葬式に行ってお別れができたらと思った。でも、もう日本に帰ってきてしまった。
せめてお祈りだけでもしようと思う。

別れは突然来ると、思い知らされた。神様はひどいと思う。実家に帰った日にこんな投稿を見せるなんて。

R.I.P Luseane Uhatafe. 'Ofa lahi atu ka koe.
posted by ヌクアロファ at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

【ババウは】恐怖!水の都ヴェネチア再び!【イタリアではない】

9/29で日本を離れて丸2年。

そんな経つのか〜とぼんやり考えながら帰宅したときのこと。
なんと、家の床が水浸しではないか。

一瞬固まったあと、すぐにキッチンに行き冷蔵庫横のシャワールームを隔てた壁を確認。
なぜかというと、前任の方が住んでいた時、その壁から水がダダ漏れになったからである。
でも、キッチンは水浸しになっていない。

一体どこからだ、と思ってからふと気が付く。


水が臭い。


いわゆるトイレの汚水の匂い。ものすごく嫌な予感がして、トイレを確認。
残念ながら予感は的中。ものすごい匂いを発生させながら、下水のパイプから水がダダ漏れ。
得体の知れないブツや(おそらくう○こでしょうけど)、隅に溜まっていた虫の死体がうようよ湧いていてた。

一瞬このままベッドで寝てしまおうかとも思ったが、仕方ないので掃除。
必死で楽しいことを考えながら掃除した。

終わったのはもう夜。

家中の床を水拭きできたからいいじゃないか、ということにした。
見た目は綺麗、だが実際はとても汚いと思うが。

中々な2年アニバーサリーでした。

話が汚いので、綺麗な写真で終わりたいと思います。
鯨の写真です。エウアから遊びに来てくれた隊員の方が撮ってくれました。
一緒に泳いでいます。
IMG_0381.JPG


おしまい。



posted by ヌクアロファ at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

帰国まで残り2ヶ月

【宣伝】※本文は下です。
Facebookで、任地のババウ高校のページを作りました!
よろしければ、イイねをお願いします!

https://www.facebook.com/Vavau-High-School-Japanese-Class-1069339439786820/?hc_ref=NEWSFEED

________________________________


気が付けばもう8月も終わりが近づいている。


本当は9/28にトンガを発つ予定だったが、少し延長したため11/07の帰国となった。
もうトンガに来て2年も経つのか、と少し驚いている。

トンガ、というかババウはとても良いところで、余りにも居心地がいいので正直日本にあまり帰りたくない。
でもそういうわけにもいかないし、環境に慣れすぎて少しダラダラし始めてもいるので、これくらいでちょうどいいのかもしれない。

活動は今が一番楽しい。去年の今頃は学校に行くのが憂鬱になるくらい嫌だったが、今はなくなってきた。
やりたかったこと、というには余りにも小さすぎて、目標だったの?と思われそうなものだったが達成できたこともある。できなかったこともある。

何はともあれ、怪我と病気だけは気をつけて残りのババウ生活を楽しもうと思う。

おしまい。

写真は、日曜日いつも食事をする家族と。
IMG_3014.JPG
posted by ヌクアロファ at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする